保育士の悩み

geistesgeschichte - 保育士が実際に体験した保育現場の悩みを語ります。
著者:群馬県20代女性保育士
参照:転職しようか悩んでいる保育士さんが、安心して応募できる『審査済の求人』だけを掲載している保育士の求人情報

保育士さんの過酷な持ち帰り業務

      2016/11/28


*11月28日更新*

 

保育士の仕事の一番大変なところは、何といっても仕事量の多さです。
書類に、壁面製作、そして行事の準備物、と何時間あっても足りません。

今回は、実際に保育の現場ではどのくらいの量の仕事を持ち帰りしているのか調べてみましょう。

更に、持ち帰りの上手な軽減方法についてもご紹介しますね。

保育士の持ち帰り業務は一日どのくらい?

就業時間を使っても、残業してもできない仕事は家に持ち帰るしかありません。
では、持ち帰った仕事に一体どのくらいの時間を割いているのでしょうか?

保育士さんを対象にしたアンケートで一番多かったのは、一日2時間程度というものでした。
30%の方がこれに該当しており、「一切ない」という人は、6%にしかなりませんでした。

もちろん、2時間以上の持ち帰りをしている保育士もいます。
「気づいたら朝になってた」という経験もあるようです。

残業

保育士の持ち帰り業務の内容は?

では、保育士はどんな仕事を持ち帰っているのでしょうか?

・年間計画などの書類
・園・クラスだより
・行事で使う小道具や衣装製作
・壁面装飾
・卒園時に渡すアルバム

などが多かったですね。

個人記録などの書類は、基本的に持ち帰りが禁止されている保育園もありますので、それ以外の製作物を持ち帰るという人が多いようです。

確かに、保育士の書類は、

・年間計画
・月案
・週案
・日案

などたくさんあります。
他にも、園外保育申請書などもありますので、書類を書くだけでも相当の時間を費やします。

持ち帰りの仕事を減らすには!

毎日、これだけの仕事を持ち帰っていては自分の時間なんか持てませんよね。
そこで、実際に保育士がしている対策をご紹介しましょう。

まずは一つ目。
それはスキマ時間を埋めることです。

子どもたちのお昼寝時間は保育士にとって、仕事をする大切な時間です。
できるだけここで仕事を片付けるという人も多くいます。

そして二つ目。
複数担任であるのなら、自分が得意な分野の担当を多くする、というものです。

職員同士のチームワークで仕事量は減らせます。
苦手なことって予想以上に時間がかかりますよね。

そこで、自分の得意な分野を引き受けて、苦手なものを相手にして貰う、ということです。

最後に三つめ。
壁面装飾などは、長持ちさせる、というものです。

誕生日表や、壁面装飾は一回で終わらせずに、長持ちするように画用紙の後ろに型紙などを貼って、何年か利用するというものです。
誕生日表は、子どもが変わりますので、大きな部分だけ残しておき、子どもの名前を書く所だけ作るという人もいます。

エコにもなりますし、自分の負担も減りますよ。もちろん、保育園の体質として、どうしても持ち帰り業務を拒めない状況であれば保育士転職を考えて見る事もあなたの人生を壊さないための正当な自己防衛策になる事でしょう。

(著者:群馬県 20代女性 保育士)

メリハリをつけて、負担を減らしましょう!

持ち帰りの仕事で大切なことは、時間を決めて、メリハリをつけるということです。
卒園の時のアルバムなど、デッドラインが決まっている時は仕方ないです。

しかし、それ以外の仕事なら、明日までに絶対!というものから片づけていくのが大切です。
最初に今日は、2時間だけ!と決めてできない分は次の日に回すということが長く仕事を続けていく上で重要なことですよ。

自分の中でもルールや、時間配分を決めて、いつまでもダラダラ仕事をしないようにしましょう。

「どうしても終わらない」つらい環境に悩む保育士は

とはいえ、保育士の配置数が少なく、どう頑張っても業務時間中におわる量ではない・・・という辛い環境に悩む保育士も多くいます。

遅くまで残業して、さらに家に仕事を持ち帰って、寝るのは深夜、そして早番勤務。というサイクルだと、保育士自身が身体に不調をきたしてしまいます。

夜十分に眠れなかったり、朝起きて「保育園行きたくない・・・」と思ってしまうことはありませんか?大人の保育士だって、登園拒否になるんです。でもそれは、自分の身体を守るためには本当に大切なことなんです。

自分の身体を痛めつけてまで頑張る必要はありません。

「保育園おちた」の一件から、保育士の給料やお休みが見直されてきています。そのため、もっと満足して、「保育士で良かったなあ」と思いながら毎日楽しく働ける職場が増えてきています。

自分を守ることができるのは自分だけ。

子どもたちの「憧れの先生」であるために、働く環境を変えてみる、というのも手段のひとつです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

保育園に行きたくない保育士

 - 保育士の悩み

参考:保育士転職を考えてみたい人向けの転職お役立ちコンテンツ